外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】

外資系コンサルへの転職には転職サイトがおすすめ

知識や資格、語学力など求められる能力が高い外資系コンサル。いかにして転職を成功させるかのポイントは転職前に準備期間にあります。リクルートエージェントなどの転職サイトを利用して万全の対策で望みましょう。

必要なスキルのアドバイスから面接対策、履歴書・職務経歴書の書き方指導まで、不安なところをしっかりバックアップしてくれるので初心者にも安心ですよ。

外資系コンサルの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



マイナビエージェント 無料 全国 詳細



type 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細




キャリコネ 無料 全国 詳細



DODA 無料 全国 詳細



外資系コンサルに転職するには?

転職を希望している方の中では、実力さえ伴えば、国内企業よりも多くの報酬を得られるとして、外資系企業への転職を希望されている方は多いと言えるでしょう。その中でも人気が高く、どうやったら転職することが出来るのかという質問が多いのが、外資系コンサルになります。外資系コンサルは、学歴や職歴は関係ないという話もよく聞かれますが、そんなに簡単に入職をすることが可能なのでしょうか。

学歴は関係ないまでも、基本的には社会人経験もないような第二新卒者などでは、外資系コンサルへは転職は不可能と思っている方も多いでしょうが、むしろ逆であり、まったく企業カラーに染まっていないような人材こそが外資系コンサルでは重宝される人材と言われています。国内企業の常識が少しでもあると、基本的にオリジナリティーの強い外資系コンサルの独自のルールや慣習についていくことが出来ず、結果としてうまくいかないことが多いとされているからです。

逆にまったく国内企業の常識やルールといったものを知らず、外資系コンサル独特の考えが、普通なのだという入り方をすれば、まったく抵抗なく仕事に馴染んでいくことが出来るというものです。ですから、なるべくならば、フレームワークが国内企業に染まっていないような第二新卒者には有利に働く業界とも言えるのです。それでは、既に国内企業などにおいて、ある程度の業務経験を積んでいる方にはチャンスがないかといえば、そうではありません。

ビジネススクールや一流企業での経験があれば、社会人経験がある人材でも外資系コンサルには転職することが可能です。ただし、基本的に覚えていて欲しいことは、コンサル会社や外資系コンサルといった名前の響きだけで、とてつもなく大きなプロジェクトに関わることが出来、その上で企業戦略に大きく関わることが出来るという勘違いをしてしまっている方が非常に多いということです。そもそもコンサルと言っても、その守備範囲は非常に広く、企業によってまったく内容が違っているということを忘れてしまってはいけません。

社会人経験がある方の中で、外資系コンサルへと転職を成功させている人材の多くは、まず数多くあるコンサル会社の守備範囲をしっかりと理解し、どういった業務を行なっている企業なのかを理解していること。他にもシステム構築を経験したことがある方が多いです。このような違いが分からなければ、転職エージェントなどに登録をし、まずはそれぞれにある外資系コンサルがどのような業務を行なっているのかを確認しておきたい所ですね。


Copyright (C) 2014-2016 外資系コンサル転職ナビ【※ハイクラス転職を実現】 All Rights Reserved.